住宅 購入・維持費用 得する賢い方法

スポンサードリンク

2008年03月15日

住宅ローン 住民税からも控除

住宅ローン控除は、住民税からも受けられます。知らなかった方、お早めに、また忘れずにお問合せをしましょう。

(福井新聞より引用)

 国から地方への税源移譲に伴い、所得税の住宅ローン控除が減った人を救済するため、住民税からも控除できる制度が今年新設された。申告書の提出期限が17日に迫り、福井県は市町などの窓口での申告を忘れないよう呼び掛けている。

 税源移譲では昨年分の所得税(国税)が減り、住民税(地方税)は増えた。このため所得税に限られていた住宅ローン控除額も減る。新制度では、従来より所得税の住宅ローン控除が減額された分を、翌年度の住民税で別途控除し、税負担が変わらないようにする。

 対象は1999年―2006年に入居し、所得税の住宅ローン減税の適用を現在受けている人。所得税と住民税の合計控除額の上限は50万円。県税務課によると、県内では住民税の控除分は約8億円(県分約3億2000万円、市町分約4億8000万円)とみられる。

 年収700万円で夫婦と子供2人の世帯の場合、税源移譲前は所得税額26万3000円が全額控除されたが、移譲後は所得税分が16万5500円に減少。所得税だけが控除対象になると、差額分の9万7500円が負担増となる。新制度では、住民税の住宅ローン控除を申告すれば、住民税から9万7500円が控除される。

 申告先は、所得税の確定申告をする自営業者は税務署、確定申告しないサラリーマンは市町の担当窓口。県税務課は「今年から毎年申告が必要。知らない人もおり、周知を続けている。税負担が増えないよう締め切りまでに申告を済ませてほしい」と話している。
 
posted by 住宅購入 at 12:10| 住宅ローンのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

住宅ローンの返済期間は長くする

 住宅ローンを選ぶとき、ぜひ考えていただきたいのは、無理なく返済できるかどうか、ということです。たとえば将来の教育費負担を甘く見積もっていると、子供の進学が重なったときなどに、資金不足が生じ、住宅ローンの2〜3倍と利率が高い教育ローンまで借りなければなりません。

 それを避けるには、返済期間をできるだけ長くとることです。住宅ローンの返済期間は最長35年に設定している商品が多いのですが、長期返済なら毎月の返済額が少なくなり、キャッシュコントロールが可能になります。住宅ローンで3000万円を金利3.5%で借りた場合、返済(元利均等)期間を無理して20年にすると毎月の返済額は17.4万円ですが、35年なら12.4万円と、ずいぶんラクになります。浮いた資金を教育費に充てることもできます。

そういう意味で、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)と民間金融機関の提携住宅ローン「フラット35」は検討に値します。フラット35は最長35年間金利が固定されるので、返済計画や資金計画が描きやすくなります。このほか、保証料無料(通常の住宅ローンは保証会社に数十万円程度を支払う)、繰上返済手数料無料というメリットもあります。
 
posted by 住宅購入 at 23:06| 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

団体信用生命保険は「ガン保障付」で十分

 もちろんデメリットもいくつかあります。そのうちのひとつが団体信用生命保険の保険料を別途支払わなければならないということです。団体信用生命保険とは、債務者が死亡すると、ローン残額が生命保険で支払われ、遺族は以後ローンを支払わなくて済むというシステムです。通常の住宅ローンでは保険料は住宅ローン内に組み込まれていますが、フラット35では住宅ローンとは別に年1回保険料を支払います。保険料はふつうのケースで10万円近くと、結構な負担になります。

 最近、「ガン保障付」「三大疾病保障付」「七大疾病保障付」の団体信用生命保険も登場しました。所定の病気になったら住宅ローン残額が生命保険から支払われるというものですが、ガン保障付以外はお勧めできません。ガンは生存確率が高まっている一方、高度医療が必要なので医療費がかさみます。しかしその他の疾病では、返済不要の条件である「60日以上勤務不能」を満たすと、多くの場合は死亡します。それならば特約をつけない通常の団体信用生命保険で十分なのです。
 
posted by 住宅購入 at 23:12| 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

その他住宅ローン金利・返済期間のポイント

10月からは、返済期間20年の住宅ローン「フラット20」が発売されます。「フラット35」よりも返済期間が短くなることで、金利が低く設定されます。金利差がかなりあり、返済期間を短くしても問題がない場合は一考の価値があるでしょう。

各金融機関が設定する独自住宅ローンでは「固定期間選択型」を利用する人が多いようです。当初数年間だけ優遇金利を適用し、それ以後は店頭金利より低めの金利になるというものです。しかし、これは将来の金利変動リスクを借り手が負担するものです。店頭金利は金融機関側が設定するものであることを考えれば、金利が上昇することもありえます。とても借り手優位とはいえません。
posted by 住宅購入 at 23:18| 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

住宅ローンの返済に困ったら、有利に圧縮

住宅ローン返済に困ったら、有利な圧縮方法を考えましょう。

この時期に住宅ローン返済に困っている人というのは、M&Aにより会社が吸収合併され収入が激減したケース、あるいは自宅のほかにマンションなど収益物件をかかえ、その返済で家計が圧迫されているケースなどが考えられます。

自宅はこころの拠り所ですから、これが維持できないかもしれないと思うと仕事も手につかなくなります。が、ピンチはチャンス。発想を転換してみましょう。

今年4月に住宅金融公庫が住宅金融支援機構に変わりました。一新されたホームページを見ると、住宅ローンの「月々の返済でお困りになったときは」という見出しがあります。

公庫時代からこの手法はあったのですが、機構になっていっそう返済額の圧縮がしやすくなりました。国も金融機関も、「今こそ重い住宅ローンを軽くして」と言っているかのようです。

不動産の価格動向を調べてみると、1993〜94年くらいまでにご自宅を取得された方は、都心のごく一部を除いて実勢価格は下落しています。私たち庶民は「インフレ期の借金」を、「デフレ期の収入で返済」するという矛盾を抱えているわけです。これでは住宅ローン返済のために一生働くようなものです。

最近では、サラ金など消費者金融が営業縮小傾向にあり、これまで一時的にサラ金を使って住宅ローン返済していた人たちがピンチに立たされていますが、今こそチャンス、抜本的に住宅ローン円満解決策を講じるときなのです。
posted by 住宅購入 at 08:56| 住宅ローンの圧縮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

住宅ローン圧縮方法 返済期間、金利払い、売却など

転職などで収入が激減した人は、住宅金融支援機構のホームページに従って、現在の収入に見合った返済額に設定しなおしてください。返済期間を延ばす、一時金利支払だけにする等、様々な仕組みが用意されています。あるいは思い切って物件を売却するのも一つの選択肢です。

例えば、知人に自宅を売却し、本人は賃借人としてその家に住みつづけ、家賃は住宅ローンと同じ額とするなどです。

この場合、本人に残債は残ります。しかし、返済の目途が立たないことを金融機関に説明すれば、債務はサービサー(債権回収を専門に行なう業者)に売却されます。今度はサービサーとの交渉になりますが、最近では債権額よりかなり少ない一時金を払うことで解決するケースもあるようです。

将来のために購入した収益不動産への返済が家計を圧迫しているケースでも、これらを任意売却し、残債をサービサーと交渉して一時金で解決したケースもあります。

例えば5物件を売却してそれぞれに残債が出たら、現状をつまびらかにして、誠意を持って金融機関と話し合えば、必ず解決の方法は見つかります。
 
posted by 住宅購入 at 09:04| 住宅ローンの圧縮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

リフォーム業者見極めのポイント

リフォーム業は、請負金額500万円以下の場合は、無資格で行なえます。よって工務店が参入す場合もあれば、設備業者が請け負う場合もあります。そうしたもともと専業を持っている業者が、守備範囲ではない不得手の工事を請け負ってしまうこともあります。

そもそもリフォームの仕上がりが想定したのとちがうのは、業者が家屋の図面を見ておらず、構造を無視して工事を始めることに原因があります。しっかりと図面に目を通していれば、あいまいな見積もりも出てきません。反対にこのような業者は、いざリフォーム工事を始めて想定外の事態に直面すると、適切な処置をしないで放置する、勝手に処置をして高額な請求をするなど、トラブルの温床になることが多いのです。見積もり作成時に、業者のほうから図面の提出を求めてくるかどうかは、業者の質を見極める第一歩といえるでしょう。

また、リフォーム着工前に、場合によっては追加の処置が必要で金額が上がるかもしれないことを知らせてくれる業者は良心的だと言えます。建築や構造に詳しいのが前提ですが、工務店系の業者だと、この基準を満たすことが多いようです。

また「無料で診断します」「今月中の契約は○%引き」など、契約を急いだり、不安を煽るような業者とは付き合わないようにすることも対策のひとつです。あまりしつこく勧誘を受けるようなら、国民生活センターに相談しましょう。
posted by 住宅購入 at 06:47| 住宅リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

住宅リフォームのトラブルを未然に防ぐには

住宅リフォームトラブルを防ぐには、リフォーム業者の選定が重要です。

見積もりは複数の住宅リフォーム業者から、合い見積もりをとるべきです。ただし、ドアの交換でも、業者によってはドアだけで見積もりを出す場合もあれば、ドア枠や壁紙も一緒に交換するケースもあります。必ず同じ基準でとることが大切です。

また、工事の際に周囲に配慮するかも判断材料です。コスト重視の住宅リフォーム業者ですと、隣への挨拶をしない場合もあります。マンションの場合は使ってはいけない素材などもありますので、きちんと規約を確認する住宅リフォーム業者を選びたいものです。

書類関係のトラブルを防ぐには、「請負契約書」は必須。特に、金額の少ない場合には、書類を交わさないままリフォーム工事を進めるケースがありますが、トラブルの元になります。金額にかかわらず、必ず交わしましょう。

「言った、言わない」のトラブルを防ぐためには、打合せ内容を記録しましょう。また、リフォーム工事の契約内容に変更があったら、「工事内容変更合意書」を、完成時には「工事完了確認書」を必ず交わすようにしましょう。もしこれらの書類を業者が用意しない場合は、「住宅リフォーム推進協議会」のサイトで、書式をダウンロードできます。
posted by 住宅購入 at 08:35| 住宅リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

リフォームローン、住宅財形、補助金の活用

最後に費用についてですが、最近は多くの銀行でリフォームローンを実施しており、ほぼ無担保で借りられます。もし使っていないなら、住宅財形も75万円を超えるリフォームには活用できます。また、一部で耐震・バリアフリー・省エネ改修に補助金を出す自治体もあるので活用しましょう。
posted by 住宅購入 at 08:40| 住宅リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

住宅のダウンサイジングと価格高騰

 いま住み替えで物件を見るときには、「売れている住宅=いい住宅」ではないということを知ってください。ここ数年その傾向は顕著に表れています。

理由は建築コストの増大です。地価の高騰に加え資材価格は上昇しています。そしてそのしわ寄せが建物にきています。パソコンや自動車がモデルチェンジをすると品質は上がるのに価格は下がります。ところが住宅の世界では正反対の現象が起きているのです。間取りを例にとると、かつては4LDKだと80平方メートルが標準だったのですが、最近では70平方メートルとダウンサイジングしているものが増えました。また、本来であれば13階建てのマンションも、天井の高さをつめて14階建てにしているなど、居住性よりも戸数を増やすことを重視している物件も目立ちます。さらに、間取りと規格を圧縮するのも限界で、物件価格はさらに上昇しつつあるのです。
 
posted by 住宅購入 at 23:34| 住宅の住み替えと資産価値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。