住宅ローンの返済期間は長くする 住宅 購入・維持費用 得する賢い方法

スポンサードリンク

2007年09月09日

住宅ローンの返済期間は長くする

 住宅ローンを選ぶとき、ぜひ考えていただきたいのは、無理なく返済できるかどうか、ということです。たとえば将来の教育費負担を甘く見積もっていると、子供の進学が重なったときなどに、資金不足が生じ、住宅ローンの2〜3倍と利率が高い教育ローンまで借りなければなりません。

 それを避けるには、返済期間をできるだけ長くとることです。住宅ローンの返済期間は最長35年に設定している商品が多いのですが、長期返済なら毎月の返済額が少なくなり、キャッシュコントロールが可能になります。住宅ローンで3000万円を金利3.5%で借りた場合、返済(元利均等)期間を無理して20年にすると毎月の返済額は17.4万円ですが、35年なら12.4万円と、ずいぶんラクになります。浮いた資金を教育費に充てることもできます。

そういう意味で、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)と民間金融機関の提携住宅ローン「フラット35」は検討に値します。フラット35は最長35年間金利が固定されるので、返済計画や資金計画が描きやすくなります。このほか、保証料無料(通常の住宅ローンは保証会社に数十万円程度を支払う)、繰上返済手数料無料というメリットもあります。
 
posted by 住宅購入 at 23:06| 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。