住宅のダウンサイジングと価格高騰 住宅 購入・維持費用 得する賢い方法

スポンサードリンク

2007年09月01日

住宅のダウンサイジングと価格高騰

 いま住み替えで物件を見るときには、「売れている住宅=いい住宅」ではないということを知ってください。ここ数年その傾向は顕著に表れています。

理由は建築コストの増大です。地価の高騰に加え資材価格は上昇しています。そしてそのしわ寄せが建物にきています。パソコンや自動車がモデルチェンジをすると品質は上がるのに価格は下がります。ところが住宅の世界では正反対の現象が起きているのです。間取りを例にとると、かつては4LDKだと80平方メートルが標準だったのですが、最近では70平方メートルとダウンサイジングしているものが増えました。また、本来であれば13階建てのマンションも、天井の高さをつめて14階建てにしているなど、居住性よりも戸数を増やすことを重視している物件も目立ちます。さらに、間取りと規格を圧縮するのも限界で、物件価格はさらに上昇しつつあるのです。
 
posted by 住宅購入 at 23:34| 住宅の住み替えと資産価値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。