住宅ローン圧縮方法 返済期間、金利払い、売却など 住宅 購入・維持費用 得する賢い方法

スポンサードリンク

2007年09月05日

住宅ローン圧縮方法 返済期間、金利払い、売却など

転職などで収入が激減した人は、住宅金融支援機構のホームページに従って、現在の収入に見合った返済額に設定しなおしてください。返済期間を延ばす、一時金利支払だけにする等、様々な仕組みが用意されています。あるいは思い切って物件を売却するのも一つの選択肢です。

例えば、知人に自宅を売却し、本人は賃借人としてその家に住みつづけ、家賃は住宅ローンと同じ額とするなどです。

この場合、本人に残債は残ります。しかし、返済の目途が立たないことを金融機関に説明すれば、債務はサービサー(債権回収を専門に行なう業者)に売却されます。今度はサービサーとの交渉になりますが、最近では債権額よりかなり少ない一時金を払うことで解決するケースもあるようです。

将来のために購入した収益不動産への返済が家計を圧迫しているケースでも、これらを任意売却し、残債をサービサーと交渉して一時金で解決したケースもあります。

例えば5物件を売却してそれぞれに残債が出たら、現状をつまびらかにして、誠意を持って金融機関と話し合えば、必ず解決の方法は見つかります。
 
posted by 住宅購入 at 09:04| 住宅ローンの圧縮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。